ボトックス注射で脇汗が止まるって本当?

ボトックス注射で脇汗を抑えることができる?脇汗が気になる方が必見! - ボトックス注射で脇汗が止まるって本当?

ボトックス注射で脇汗が止まるって本当?

「いつも脇汗が不快で気になって仕方がない」「服に汗ジミができないかとひやひやしている」「脇汗で汗っかきと思われたくない」

そんな困った脇汗で悩んでいる人に人気の治療法が、脇からの汗自体を抑える「ボトックス」です。
制汗剤や脇汗パッドでは効果がない!という人でも、ボトックス注射がきっかけで解決できたケースはとても多いんです。
それほど、脇汗に効果がある理由を詳しく見てみましょう。

脇汗にどれくらい効くのか?

ボトックス施術を受けた人の、なんと約9割近くが汗とにおいの減少を実感しているというデータがあります。
汗をかく大元である汗腺を手術で除去するのと比べれば、ずっと効果が持続はしないのですが、1年に1〜2回の注射を受けるだけでも十分な制汗効果が期待できます。

手術よりも安全で安い!

gfhrtths
rgeara
汗腺除去手術によって、永久的に脇汗を止めることも可能ですが、やはりメリットよりもリスクへの恐れ、抵抗感のほうが大きいんじゃないでしょうか?
ボトックスなら、美容整形でメスを入れるよりも注射などのプチ整形で気軽に顔を変えられるように、身体やお財布への負担が少なく、十分満足な変化を得られるでしょう。
ただ、ボトックスも初めて注射する人は、完全に不安をぬぐいきれないところもあるでしょう。

副作用は本当にない?

手術よりもずっと安全に施術ができるボトックスですが、一時的に副作用に近い症状は出るかもしれません。
たとえば、他の部位から汗や匂いが気になるようになったとか、腕にしびれ、だるさが残るようになった、などの症状です。
ですが、これは稀なケースで、発症しても一時的なもので治まることが多いので、気にし過ぎるほどではないでしょう。

満足度はどれくらい?

実際に注射をした人の感想を、参考にいくつかピックアップしてみます。

「ボトックスの後3日目くらいから、汗のべとつきがなく、さらっとした少量の汗に変わりました」
「いつもシャツの半そでがぐっしょりになっていましたが、すっかり快適になり、人目も気にならなくなりました」
「沢山汗が出るときも臭いはほとんど改善されたので、気兼ねなくスポーツを楽しめます」
「グレーのシャツを着ても汗ジミができなくなったので、ファッションの自由が拡がりました」

いつ注射をするのがおすすめ?

脇汗が気になるのが特に夏ですが、間に合わせるには4〜6月と早めに注射を打っておくのが良いでしょう。
一回の注射では効果が弱くても、また打ち直す時間は十分にありますし、持続期間は半年くらいはもつので、早すぎるということもありません。
早ければ2〜3日経って、遅くとも1週間程度でさっそく制汗作用が表れ始めます。
いつ効果が表れ始め、いつまで続くのかは個人差もあるので、余裕を持って通いましょう。

まとめ

夏でもさらっとした快適な脇の状態を保つには、一度ボトックス注射を打っておくと後がとても楽になります。
大変だった脇汗対策から解放されるのを一度味わうと、ボトックス以外の汗対策は考えられなくなるかもしれません。
汗ジミを気にせず自由なファッションを楽しみたい人や、接客業でお客様への印象を悪くしないためのエチケットとして汗対策をしたい人も、ぜひ試してみてください。
軽いワキガや、汗の臭いも大幅に抑えることができるので、臭い対策で苦労しているなら特に、嬉しい効果が得られるでしょう。
重度な脇汗でも保険が適用になれば、気軽に治療を受けられます。

更新情報

ボトックスの効果とは

アーカイブ