パワーストーンの浄化方法

パワーストーンをずっと身につけていると、当然石の方も段々と疲労が貯まってきます。
なんとなく石に元気がなくなっているように感じたなら、それは石に疲れがたまっているという事です。
そのような時には、是非一度石を浄化してあげて下さい。
ではどのようにして浄化すれば良いのでしょうか。
パワーストーンは千差万別、水に弱いもの、塩に弱いもの、日光に弱いもの、などなど様々な特性を持つ石に合わせて浄化の方法もいくつも種類があるのです。
そのなかでもほぼ全てのパワーストーンの浄化に使えるのが、水晶を使った浄化方法です。
水晶は強力な浄化作用を持っているとされています。
そのため、浄化したい石を水晶の近くにおいておくだけで浄化作用が受けられるのです。
また、石が相当疲れているように感じたり、何か嫌な感じがする時は、地面に埋める方法も効果的です。
あらゆるパワーストーンは地面から掘り出されます。
nfhtrse
そのため地面に埋め直す事によって、大地が悪い気を解き放ち、新しいエネルギーをくれるのです。
しかし、どこに埋めても良いというわけではありません。
出来るならば日当りが良く、元気がありそうな場所を選びましょう。
日光があたらないくらい場所に埋めると、逆効果になってしまう場合もあります。
石を埋めると、当然土で汚れてしまいます。
水洗いできる石なら良いのですが、水に弱い石だとそれも難しいので、紙や布にくるんで埋めるなど、石が汚れてしまわないように注意した方がいいかもしれません。
数ヶ月に一度でいいので、たまには石の疲れを癒してあげましょう。
様々な力を宿し、身につけるとさの力を貸してくれるとされているパワーストーン。
このパワーストーンの力を最大限発揮してもらうには、定期的にパワーストーンブレスレットの浄化をする必要があることをご存知でしょうか。
パワーストーンは、採取されてから手に届くまでに様々な人の手を渡って来ています。
つまり様々な人の気を浴びて正常な状態から少しずれているのです。
また、一度浄化しても身につけているうちに段々とパワーストーンは疲労してきます。
そのため、手に届いた直後と、浄化が必要と感じた時に石の波動を浄化してあげるのです。
極まれに、売る段階ですでに浄化されたものを買いたいと言葉を聞きますが、石の浄化とは本来自分で行うものです。
なぜなら石の浄化とは、ただ他人の気を払うだけの行為ではないからです。
他人の気を払うのと同時に、自分との関係性を改め、迎え入れるための行為でもあるのです。
また、同時に持ち主自身の心を清め、石と同調していく事も重要です。
そうやって自分と石との関係をさらに洗練させ、初心を見つめ直すことにより石は力を貸してくれるのです。
もっとも、浄化とは必ず行わなければいけない作業ではありません。
人によってはそんな作業を行わなくとも、石との関係性を強く持つ事が出来ます。
浄化が必要だと感じなければその必要がないと言えるのかもしれません。
石の力とは眼に見えないものです。
やらなければいけないからと事務的な作業にとらわれ過ぎないようにしましょう。

更新情報

◆2015/06/19
パワーストーンの浄化方法の情報を更新しました。
◆2015/06/19
サイトマップの情報を更新しました。
◆2015/06/19
●企業内容の情報を更新しました。
◆2015/02/04
パワーストーンへの注念の情報を更新しました。
◆2015/01/30
パワーストーンの相性の情報を更新しました。